12万円クリームなど新商品続々!不況でも高級コスメ市場活性化の理由

各化粧品メーカーの最高級ブランドから新商品が続々発売


カネボウの最高級ブランド「インプレス」
 不況だからこそ、直接的自己投資は惜しみたくない。そんな富裕層女性をターゲットに、昨年から今年にかけて、化粧品メーカー各社がメークアップ化粧品やスキンケア化粧品、サプリメントの最高級ラインを強化しています。

 秋冬の肌の乾燥シーズンに向けて、カネボウは最高級ブランド「インプレス」の最高価格ライン「グランミュラ」から12万6000円のクリームなど3商品を11月に発売。ポーラは最高級ブランド「B.A」に、9月から新たに乳液など4商品を加えました。

 また資生堂が2008年から販売している最高級ブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」から生まれた「シネルジックライン」も昨年に引き続き好調。化粧品以外には、ニュートリション・アクトからは国内最高級美肌サプリメント「悠々美的」が発売され、その効果と即効性から富裕層の間でクチコミで評判が広がっています。


インプレス グランミュラクリーム

スキンケア化粧品への投資を惜しまない女性たち


国内最高級美肌サプリメント「悠々美的」
 本当に効果があるものへは投資を惜しまず、いつでも健康で美しくい続けたい―。そんな富裕層女性たちのライフスタイルは、近年の不況で財布の紐を締める傾向にあった世間の女性たちにも共通しているようです。世界的金融危機を脱し、不況感は和らいできたこの頃ですが、世間の女性たちは外食やファッションなどへ費やす金額を減らしたり、消費項目を減らすなど、今も生活に少なからず影響が出ています。

 ポーラ文化研究所は昨年、首都圏の15歳から64歳の女性1500人を対象に、「化粧品などへの投資意欲に関する調査」を実施しました。その結果によると、「スキンケア化粧品」購入者の76%と、「メークアップ化粧品」購入者の73%が、今後もスキンケア・メークアップ化粧品へ使う金額を増やすまたは今までと変えないと回答していることがわかりました。

 一方減らすと回答した割合が多かったのは、「飲食店での食事」や「ファッション」への費用。大学生から社会人まで女性の年代全般にわたって、スキンケアやアンチエイジングに対する関心は非常に高く、食費や服飾費を削ってもこれらへの投資は減らさないと考える人が多いことがわかりました。スキンケア化粧品など女性の日常生活に根付いているものや、体内に直接摂り込む商品は、投資額に見合ったリターンが返ってくるため、不況下でも減らさない傾向があるようです。

 富裕層女性を中心とする、「本当に質の良いものへ投資をしたい」と考える女性たち。彼女たちの存在が、今後さらに高価格帯化粧品やサプリメント市場を発展させていくことでしょう。

     富裕層にクチコミで浸透! 国内最高級美肌サプリ「悠々美的」はこちら ≫

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる