凄腕穀物トレーダーがリヴァプール買収へ

 英国プロサッカー、プレミアリーグの名門リヴァプールの新オーナーに名を連ねることが決定的となったジョン・ヘンリー氏。日本では松坂大輔投手らがいるレッドソックスのオーナーとしても知られるが、米国では凄腕の先物トレーダーとして絶対的な地位にいる人物だ。

 ヘンリー氏は大農場を経営する農家に生まれ、農場を継いだ。特に数字には強かったといわれ、独学で投資を学んでトレード手法を確立し、穀物投機で大きく稼ぐようになったという。トレンドフォロー戦略で、勝率は低いながらも、大きな利益を上げるという方法で、年率20%以上をたたき出してきたという。

 2002年に名門レッドソックスオーナーになった時には、1918年以来優勝していない低迷期のどん底にあったが2004年に優勝し、人気が復活している。現在は成績も低迷する名門リヴァプールをどのように立て直すのか、注目が集まっている。

 リヴァプールの買収額は3億ポンド(約400億円)とされている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる