リン・チーリンさん「脱税裁判」で1800万円の支払い命令

 アジアで人気No.1女優のリン・チーリンさん(34、林志玲)が所得税を脱税しているとして争われていた訴訟で、台北の裁判所はこのたび、チーリンさんに864万台湾ドル(約1820万円)を支払うよう命じた。

 リン・チーリンさんが、申告漏れで819万台湾ドル(約2200万円)の重加算税を課されたことが不当だとして、台湾の国税当局を相手に訴えを起こしていた。所属事務所との契約関係の有無で、見解の相違があった。

 ただ、裁判では、国税当局が主張してきた、事務所がチーリンさんの仕事を取ってきたり、肖像権すべてを所有しているなど実質的な専属契約があった、と判断。2003年~2005年の合計1700万台湾ドル(約4566万円)の所得が未申告だとして、864万台湾ドルの支払いを命じられた。

 台湾メディアは、控訴の可能性があるとしている。


リン・チーリンさん

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる