インテル純利益59%増で過去最高益

 米半導体大手インテルが12日発表した第3四半期決算は、売上高111億200万ドル、純利益は59%増の29億5500万ドル(1株利益0.52ドル)となった。四半期ベースでは過去最高となった。

 いずれも事前の市場予想を上回るもので、株式市場でも好感された。ポール・オッテリーニ最高経営責任者(CEO)は「売上高、営業利益のすべてでw四半機ベースで過去最高を記録した」とした。

 また、好決算の要因としては「新興市場の継続的な成長による需要が旺盛だった」ということを挙げた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる