アゲ嬢メイクの歯科医院副院長が人気

 歯科医の世界も世代が変わりつつあるのか、新潟県・上越市の歯科医院「木村歯科クリニック」の副院長・木村美和子さんが、アゲ嬢のようなギャル風メイクで話題になっている。

 同院のプロフィールによると、木村さんの経歴は、日本歯科大学新潟生命歯学部卒、鶴見大学歯学部付属病院総合診療科などを経て、木村歯科クリニック副院長となった。

 「昔から美容に関することに興味を持っていたので、エステティシャンや美容師など、美容関係のお仕事をするのが夢でした。しかし、母が歯科医師であることから、自分も歯科の分野で、患者様のお口元の美容と健康のお手伝いをしたいと考えるようになり、歯科医師の道を志してきました」(HPより)

 母で院長の正子さんは、上智大学でロシア語を学んだものの、美和子さんが一歳の時に日本歯科大に入学し歯科医を志し、平成6年に現在の歯科医院を開業したという。

 木村さんは「美容院感覚で気軽に定期的に通っていただけるクリニックを目指しております」としている。

 賛否両論はあるかもしれないが、こうしたユニークな歯科医が存在するのもアリなのかもしれない。


木村美和子さん(HPより)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる