メンバー全員東大生のイケメンバンドがメジャーデビュー

 メンバー全員が東大生という史上初のインストバンド「ソノダバンド」が、20日発売のアルバム「ルネサンス」でメジャーデビューする。現役東大生5人、東大OB1人で構成されるイケメン6人組バンドだ。

 「ソノダバンド」はヴォーカリストが存在しない、6つの楽器で編成されたインストゥルメンタルバンド。メンバーはキーボードの園田涼さんを中心に、ヴァイオリンの熱田哲さん、チェロの橋本怜さん、ギターの赤股賢二郎さん、ベースの牧瀬崇之さん、ドラムの小山田和正さんの6人で構成。小山田さんは東大OBで、その他5人は現役東大生だという。

 「ソノダバンド」は2009年に「SUMMER SONIC 09」に出演、「東京バンドサミット」では国内1位を獲得し、ライブ活動を通じて2枚のインディーズ盤を発表。2010年3月には米テキサス州オースティンで開催された世界最大の音楽コンベンション「SXSW」に出演し大成功を収めた。

 メンバー全員が歯科医師で構成されたバンド「GReeeeN」を連想させるような、史上初、全員が東大生で構成された「ソノダバンド」。彼らのような高学歴アーティスト集団が、今後も続々とメジャーの舞台へ出てくるのかもしれない。


20日発売のメジャーデビューアルバム「ルネサンス」

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる