東京スタイル、サンエーが経営統合

 東京スタイルとサンエー・インターナショナルは14日、来年6月に共同持ち株会社「TSIホールディングス」を設立し、経営統合すると発表した。

 発表によると、統合日は来年6月1日、株式移転方式により、東京スタイル1株に対してTSI株1株を、サンエー株1株に対して同1.65株を割り当てる。14日の両社の取締役会で決議された。TSI会長にサンエーの三宅正彦会長が、社長に東京スタイルの中島芳樹社長が就任する予定。両社は来年5月に上場廃止となり、共同持ち株会社が上場する。
 
 東京スタイルはモード系の服に強みを持ち、サンエーはオリジナルブランドを百貨店、駅中、SCなどで展開している。両社ともにファストファッションや低価格化に押されていた。

 低価格競争、海外ブランドの進出、さらには人口減少による国内市場の縮小などが見込まれる中で、お互いの強みを生かしてコアとなる事業を展開していきたい、という点で意見が合致した。アジアなどへの海外展開を目指したM&A、さらにはTV通販事業などに販路を拡大していくのだという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる