「くら寿司」がTBSに反論し法的措置を検討

 約20人の内定辞退者が出たとして話題となった、「くら寿司」を展開するくらコーポレーションが、TBS系「NEWS23クロス」の報道に対して「事実と異なる恣意的な報道」と反論し、法的措置を検討していることを発表した。

 TBSの報道は10月12日に放送されたもので、これは以前にも毎日放送の「VOICE」で9月1日に「内定辞退のウラに何があったのか」と題してくら寿司の内定辞退を取り上げたものとほぼ同一の内容だという。関西大学の内定辞退者らの証言を基にして構成されている。

 「くら社員三誓」といいう社訓を30秒以内に読めないと内定取り消し、などという噂が広まったが、実際に辞退者が20人出たという。その辞退者の書面の内容が全員同じだとして、辞退を強要したのではないかと言われてきた。

 ただ、くらコーポ側は、今後も新規出店計画を立てており、人材がノドから手が出るほど欲しい折に、辞退を強要することはあり得ない、などと反論している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる