世界最高額815億円の邸宅が完成間近(インド)

 インドの大富豪ムケシュ・アンバニ氏が、豪華邸宅を建設中でもうすぐ完成する。10億ドル(約815億円)という世界で最高額の邸宅価格となる。地上27階建て、高さ173メートルで、金額は予定の見積もりを10倍以上もはるかに上回る見込みだ。

 本宅、3つのヘリポート、管制塔、6階建ての駐車場からなる巨大な建物。スイミングプール、50人収容の劇場などの設備も設置され、メイドら600人のスタッフも常駐することになる。爆破、マグニチュード8の地震にも耐えうるという強度を持つという。

 この邸宅は通常、60階の予定だったが、各階ごとの高さを多めに計算して27階建てになってしまったそうだ。ヴァーストゥ・シャーストラというインドの風水を基にした伝統建築だという。当初の見積もり額は7700万ドルだった。

 かつて2007年の妻の誕生日に6000万ドルで航空会社をプレゼントしたこともあった。その妻、3人の子供ら家族ら親しい知人を招いての新築祝いパーティーが28日に開かれるという。

 アンバニ氏の資産は米経済誌フォーブスによると、2900億ドル、長者番付は世界で4位。


アニル・アンバニ氏の邸宅

アニル・アンバニ氏の邸宅の劇場

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる