追加金融緩和に前向き、バーナンキFRB議長

 米連邦準備制度理事会(FRB)のベン・バーナンキ議長は15日、ボストンで講演し、雇用など景気回復の遅れを認め、追加の金融緩和政策を行うことに前向きな発言をした。これで、11月に開催する米連邦公開市場委員会(FOMC)で、追加の金融緩和政策を実施する公算が高まった。

 事前原稿によると、バーナンキ氏は「インフレ率が低く、失業率が高い。雇用と物価の安定という2つの目的を達成するために、追加の政策を追求していく」として、金融緩和政策の実施へ前向きだった。

 この発言の趣旨によって、外国為替市場ではドル売りの圧力がさらに強くなりそうだ。


(c)Save the Children Japan

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる