香港大富豪がサンリオ株1%保有

 香港の大富豪一家が所有する企業「リー&フォン・リミテッド(Li & Fung Limited)」は、日本のハローキテイなどのブランドを持つサンリオ株1%超を取得したと発表した。

 リー&フォンは現在、サンリオ製品を受託生産しているが、今後はその割合を高めて生産コストの引き下げ、さらには同グループの販売網を活かして欧米への販路拡大をしていくのが狙いとなる。同グループは世界の40の経済圏に3万5000人を超える従業員を抱え、売り上げは167億米ドルになる。

 すでに世界的な知名度を誇るハローキティ。海外でもシンガポール在住の著名投資家ジム・ロジャーズ氏もサンリオ株保有を公言したほど。リー&フォンは米最大の小売ストアのウォルマートに多くの製品を供給するなど、ハローキティは今後さらに、世界のどこへ行っても見かけるようになるのかもしれない。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる