NY株は反発し80ドル高

 18日のニューヨーク株式市場は良好な企業の決算から反発して、ダウ工業株30種平均は、前週末比80.91ドル高の1万1143.69ドルで取引を終えた。

 この日は金融大手シティグループの7~9月期決算が好調だったこともあり、金融株を中心に幅広く買われた。また、注目されたアップルの決算は、純利益43億1000万ドルで、前年同期の25億3000万ドルから大きく増加したものの、iPadの出荷予想が振るわなかったために、時間外取引で値を下げている。

 ナスダック総合指数は11.89ポイント高の2480.66だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる