新たに5店が三ツ星に「ミシュランガイド京都・大阪・神戸」

 日本ミシュランタイヤは19日、22日発売の「ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011」の、掲載店舗を発表した。今回掲載された施設は312軒で、このうちレストランが239軒、ホテルが42軒、旅館が31軒。新たに三ツ星に加わったのは5軒だった。

 今回三ツ星を獲得したのは京都7軒、大阪3軒、神戸2軒の計12軒のレストラン。神戸地区では「カ・セント(Ca Sento)」と「子孫」が三つ星として初登場、京都地区では「なかむら」が二つ星から三つ星に昇格、大阪地区では「柏屋」と「太庵」が二つ星から三つ星に昇格した。また二つ星は京都22軒、大阪12軒、神戸10軒と2軒の旅館(全て京都)の、計44軒が獲得した。

 同書に掲載された店舗のうち、6割近くが日本料理で、このほか、そば、寿司、天ぷら、ふぐ、うなぎ、居酒屋、串揚げ、おでん、精進料理などを含めると8割超になる。また今年は おばんざい、鳥料理、ゆば料理店が新たなカテゴリーとして加わった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる