シューマッハ初王者のF1マシンを2億円で

 F1のミハエル・シューマッハ選手が初のワールドチャンピオンに輝いた際のマシーンが19日、210万ドル(約1.7億円)で売り出された。

 ラグジュアリー競売サイトのジェームズリストに210万ドルで売り出された。シューマッハ氏は1994年にベネトンに所属した際の青、緑を基調としたカラーのマシンで、型番は「Benetton B194-8」。

 1994年の王者を皮切りに数々の史上最高記録を樹立し、「皇帝」と呼ばれたF1史上最高のドライバーの一人。ただ、このマシンからは、どことなく懐かしくも、初々しさが漂い、マニア心をくすぐる。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる