17歳でハーバード大博士課程に進学した天才少女

 17歳のベトナム系アメリカ人、アレキサンドリア・フィンさんがこの秋、米ハーバード大学医学部博士課程に進学した。フィンさんは今年、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校を最年少で卒業していた。

 フィンさんは大学の飛び入学制度「Early Entrance Program(EEP)」を利用し、13歳の時にカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校に入学し、生物学を専攻。イーディス・ポーター教授の研究チームに所属し、胃腸炎の主原因となるネズミチフス菌が腸細胞に与える影響について研究していた。彼女は日々のほとんどの時間を大学の研究室で過ごしていたという。

 フィンさんは今後、ハーバード大学博士課程で免疫学を専攻し、またイェール大学とペンシルバニア大学の博士課程にも同時に在籍する。フィンさんは、今年カリフォルニア州でEEPを利用して大学を卒業した20人以上の生徒のうちの1人。ちなみに、彼女の趣味はフィギュアスケートとピアノ演奏だという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる