英高級紙インディペンデントが「i」を新創刊

 KGB出身の大富豪アレクサンドル・レベジェフ氏が1ユーロで買収した英高級紙インディペンデントが日刊紙「i」を新創刊することになった。

 振るわない英高級紙市場だが、新たなオーナーとなったレベジェフ氏がインディペンデント紙のリニューアルに乗り出す。タイトルはインディペンデントの頭文字を取って「i」。これまで高級紙を読んでいた読者層をターゲットにしたタブロイドサイズで、20ペンスで平日に発行される。

 内容は、ニュースダイジェストもの、深く掘り下げて取材した読み物、評論などで構成されている。

 同紙は歴史が比較的に浅いが、高級紙としては地位を築いたものの、英国はフリーペーパーが力を持つにいたり、その上さらにインターネット化が進んだことで経営難に陥っていた。部数、ユニークユーザー数ともに毎年減少していた。


新創刊「i」のロゴマーク

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる