「無罪請負人」弘中弁護士が小沢一郎弁護団に

 政治資金規正法違反事件で強制起訴されることになった小沢一郎・前民主党幹事長の弁護団に、「無罪請負人」の弘中惇一郎弁護士が加わることになった。小沢氏筋からの情報として各紙が報じている。主任弁護人になる見込だという。

 弘中弁護士と言えば、先日の郵便不正事件で無罪となった元厚労省局長の村木厚子さんの弁護人を務め、無罪へと導いた。

 他にもロス疑惑で無罪を勝ち取った三浦和義氏や、薬害エイズ事件の安部英・元帝京大副学長の弁護人を務めた。他にも、堀江貴文氏、叶姉妹ら著名人も担当する機会が多く、日本で最も有名な弁護士の一人。

 東大法学部在学中の21歳で司法試験合格、カミソリと言われるほどの鋭さで刑事事件で、幾度となく検察の筋読みを崩してきた。そこでついた異名が「ミスター無罪」「無罪請負人」。事務所は、原則として、紹介がある依頼人のみ受け付けるという「一見さんお断り」のスタイルで事務所運営している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる