離婚訴訟で6億円を死守したアラフォー美女

 婚前契約の内容を尊重するかどうかが争点となった離婚訴訟が20日、英国の最高裁判所で開かれ、婚前契約を最大限に認める判決を言い渡された。これによって裕福な妻から夫への財産分与の支払い額が約6億円減額される結果となった。

 英国には婚前契約はケースバイケースによることが多かった。約48億円の財産分与となったポール・マッカートニーさん、1兆円を超える財産分与をしたローマン・アブラモビッチさんたちの例もある。それだけに司法がどのような審判を下すのか、大きな注目を集めてきた。

 妻はドイツの裕福な相続人Katrin Radmacherさんで、ロンドンでブティックなどを経営する。夫は元JPモルガンの金融マンの仏人Nicolas Granatinoさん。

 下級審では、夫の言い分が認められて、夫に580万ポンド(約7.5億円)の支払いを言い渡した。だが、今回の最高裁では、100万ポンド(約1.3億円)の支払いに減額された。

 妻にとっては6億円を守ることができたということで完全勝利。閉廷後、妻は笑顔で法廷を後にして、報道陣に晴れやかな表情で、喜びを語っている。


Katrin Radmacherさん

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる