医学部入学定員を87人増を決定(平成23年度)

 文部科学省は、平成23年度の大学医学部入学定員を今年の8846人から8933人に、87人増とすることを発表した。3年連続で過去最多。

 厚労省の実態調査結果でも1万8000人の医師不足が指摘されている。文科省ではこうした状況を受けて医師不足を解消するために、来年度も増員することを決定した。

 医師の養成数については、昭和57年、平成9年の閣議決定で入学定員を7625人まで抑制。しかし、近年の医師不足が深刻化。平成20年度から入学定員を増員してきた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる