ルイ14世末裔が「冒涜」として法的措置へ、村上隆さん展示会

 パリ郊外のベルサイユ宮殿で開催中の現代芸術家、村上隆さんの作品展について、宮殿の主であったルイ14世の末裔シクストアンリ・ドブルボン氏が22日、祖先や、ひいては仏文化への冒涜であるとして、中止を求める仮処分申請を裁判所に申し立てるのだという。

 仏フィガロ紙によると、展示物は村上氏の代名詞的作品でもある美少女フィギュアなどの現代芸術。シクストアンリ氏は、それら作品を「ポルノ作品だ」として、祖先への冒とくだと強く主張した。近く、仮処分申請を行うのだという。

 またシクストアンリ氏は、中止することが宮殿を守ることにつながる、と考えているのだという。


村上隆氏(ルーブル博物館)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる