KKRがGSから「並」のトレーダー9人採用

 世界最大級のプライベートエクイティ(PE)企業コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)はこのほど、米金融大手ゴールドマン・サックスの元トレーダー9人を採用すると発表した。

 KKRと言えば、レバレッジドバイアウト(LBO)で企業買収を行ってきた企業で、そこにゴールドマンの自己勘定取引部門にいたトレーダー9人を雇い入れるという発表は、金融業界でも大きな話題となっているようだ。

 同社は従来のPEから積極的に業務範囲の拡大を狙い、アムステルダムのユーロネクスト取引所に上場。さらに、ニューヨーク証券取引所に移行することを念頭に、最大5億ドル(約465億円)の株式発行を予定するなど資金調達をすることで、業務拡大を図っている。

 ただし、ウォールストリートジャーナルによると、今回雇用するボブ・ハワード氏(39)を中心とするゴールドマン出身のトレーダーは、今年の運用成績は夏時点で5%を下回るという。際立ったパフォーマンスではないために、意図を計りかねる面がある。安定的な運用さえしていれば、事業としては成り立ち資金調達もできると踏んでいるのだろうか。

 PE業界もエグジットが景気に大きく左右されるため、金融危機以降は事業の多角化を模索する動きがある。ブラックストーン、カーライルなど大手でのそうした動きが見られる。今回のKKRの雇用の件は、そうした業界の動きをよく現している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる