高額賞与のAIG幹部、米紙に抗議の「辞表」を寄稿

 米政府から公的に支援を受けながら巨額ボーナス支給で批判が高まる保険大手AIGの幹部が、リディ会長に「裏切られた」と抗議する「辞表」を米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿し、25日付紙面に掲載された。

 紙面やAP通信の報道によると、寄稿の主は資産運用子会社の副社長。約74万ドル(約7200万円)の賞与は返還せずに全額を寄付するという。副社長は、巨額の損失を出したリスクが高い金融商品を扱っていた社員らは既に退職しており、今回問題になった賞与を受け取った大半の社員にはAIGの経営悪化の責任がないと反論した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる