鳥インフル検出でダイワボウ株が急騰

 北海道で強い毒性を持つ鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて、26日の東京株式市場では、ダイワボウホールディングスが午後に入って急騰し、前日比6円高の190円で取引を終えた。

 低位株では投資家の間で人気があり、マスクを手掛けるダイワボウHDはインフルエンザ、ウイルスなどに反応するが、最近は市場の材料が手薄なために、短期狙いでの売買資金が集まったのではないかと見られる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる