住生活Gがベイスターズ買収交渉打ち切りか

 住生活グループがプロ野球の横浜ベイスターズ譲渡の交渉が決裂したとの一部報道を受けて27日、東京株式市場では、住生活G株は前日比61円高の1592円で前場の取引を終えている。

 報道によると、住生活GはTBSとの間で、買収金額で折り合わなかったために、横浜ベイスターズの買収交渉を打ち切る方向に変わったという。

 譲渡額は明らかになっていないものの、100億円前後になるのではないか、と見られていた。

 ただ、球団保有は市場から、宣伝効果以上の負担増になると見られていただけに、この材料が好感され、一時は1605円まで買われる場面もあった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる