「ハンカチ王子」斎藤投手は日ハムが交渉権

 プロ野球ドラフト会議が28日、東京都内で開かれ、「ハンカチ王子」こと早大の斎藤佑樹投手(22)は日本ハムが交渉権を獲得した。

 斎藤投手は日ハムほか、ヤクルト、ロッテ、ソフトバンクの全4球団が1位指名。抽選の結果、日ハムが交渉権を獲得した。同じく注目の早大・大石達也投手(22)は6球団(阪神、西武、横浜、楽天、広島、オリックス)が指名し、西武が交渉権を獲得。西武の渡辺監督は昨年に続き今年もくじ引きを制した。

 中大の沢村拓一投手(22)は巨人が単独指名した。

 投手は大豊作のハンカチ世代だが、営業面を重視してハンカチ王子を獲るか、戦力面を重視して沢村、大石の両投手をはじめとした投手を獲るかで今年は各球団とも最後まで頭を悩ませたようだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる