「愛人業」で稼ぐ中国の女子大生

出身大学で違う「お手当」


中国の女子学生(本文とは無関係)
 急速な経済発展の下、物欲や金銭欲が渦巻く中国。ここ最近、女子大生の間で富豪の「愛人」として囲われ、お金を稼ぐ人が急増している。その理由は安直にも「ブランド品がほしいから」だという。

 今年に入り「上海女子大生愛人価格表」がネット上に流れ、注目を集めた。それによると、出身大学によって“お手当て”の価格が異なり、人気の上海音楽学院や上海戯劇学院など芸術系の学生の価格は高い。こうした芸術系の学生のお手当ては年10万元(約130万円)~17万元(220万円)。上海商学院や上海師範大学など人気が低い大学でも年4万元(約42万円)~8万元(約104万円)だった。食住費やプレゼントは別途支給されるという。

愛人仲介サイトまであった


富豪愛人ネット
 また、「富豪愛人ネット」という愛人業を仲介するサイトもある。そこでも人気なのが女子大生だ。愛人の仲介料は最低でも8000元(約10万円)。「愛人業。地域制限なし。すぐに富豪と知り合える!」こううたった「中国最大の富豪愛人ネット」は多くの女子大生を引き付けている。紹介後、表面的にはアシスタント業務としての労働契約を結び、“愛人業”にあたる。仕事内容は、富豪の対外連絡、スケジューリング、雑務処理、生活ケアなど。登録している富豪の年齢は30代後半から40代ぐらいだ。

 香港で不動産業を営む男性は、年収が3億元(約45億円)。香港、深セン、広州に多くの豪邸を持っていて、資産総額は60億円以上(約780億円以上)に上り、離婚経験があった。またある上場会社の社長は、月に8万元(約104万円)の“お手当て”を支給すると表明していた。サイトには富豪の連絡先など多くの情報は掲載されていない。ネットを通して美女の情報を収集し、富豪が選ぶ形をとっているようだ。

校則に「愛人禁止」も

 大学側もこうした女子大生の行動をただ黙って見ているわけではない。少なくとも2つの教師養成大学が「愛人禁止令」を発令し、愛人であることが発覚した場合には退学処分にすると学則に盛り込んだ。

 実際、女子大生は「愛人業」をどうみているのか? 芸術学院の学生である姚(ちょう)さんは「学校内で愛人業のうわさは良く耳にするけれど、実際は少数でみな誤解している。私の友達はみな綺麗だけれども、自分で稼ぐ能力があり、愛人になる必要なんてないわ」と話していた。一方、愛人経験を持つ女子大生の尹(いん)さんは「身体が純潔かどうかなんて、それほど重要な時代ではなくなった。人生の意義は純潔な人として生きることではない」とブログにつづっている。

 中国メディアでは愛人業を選ぶのは個人の自由ではあるが、物質欲のために今後もこうした女子大生が増え続けると、社会的な腐食につながると危機感をあらわにしている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる