ルイ・ヴィトンが間違っている?

 「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」の広告の画像処理が間違っているのではないか、と話題になっている。

 この広告は2010年秋シーズンのもので、スーパーモデル3人が登場した写真で、鏡に映っている画像でその声が上がっているのだ。

 左端のナターリャ・ボディアノバさんの背後の鏡に映っているのが、右端に座っているクリスティー・ターリントンさんのように見えるというものだ。身につけている物で判断すれば、画像処理の誤りではないか、とも思えてくる。

 ただし、この写真から読み取れる可能性としては次のような場合が考えられる。それは角度の問題だ。つまり、左端の鏡に映るのがターリントンさん、左から二番目の鏡は中央に座るカレン・エルソンさんの背中が映り、そして同三番目の鏡には、左端に座るボディアノバさんの横顔が映っている。

 結論は写真からだけでは解らない。しかし、マーク・ジェイコブズ氏が指揮を取り、3人の売れっ子スーパーモデルがそろいした広告が、カッコいいことには間違いない。


話題となったルイ・ヴィトンの広告

ルイ・ヴィトンの広告。指摘されているのは左の鏡

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる