アールヌーボーの名店 銀座 レカン

都内で数少ない、アールヌーボーの内装の銀座レカン。
ロブションやカンテサンスのような現代的デザインの空間が増える中、開店以来ずっと変わらないクラシカルな内装です。

さて、お料理ですが、
一口オードブルからはじまりました。




前菜は蝦夷鹿のテリーヌ仕立て。
この時期から美味しくなってくるジビエがもうお目見目しました。
フレッシュな口当たりと蝦夷鹿野濃厚な肉感がとてもバランス良く、食べた後もどこかにジビエのコクが残っています。品のいい味は伝統あるレカンそのものですね。


メインは仔羊のフリカデル。
フリカデルは難解な名前ですが、仔羊のミンチを使ったハンバーグの様なお料理。最初の一口がホロッと崩れてフワッと口の中に肉汁とともに広がります。
そこでコートデュローヌのワインをいただくと、旨味がずっと口のなかに残り何とも言えない幸福な午後、笑。

そしてデセール。この日はシンプルなコースにしました。
こちらの名物はデセールをワゴンで運んで来てくれます。20種類近くあるデセールの中からセレクトは自由です。好きなだけ、大きさも調節していただけますので好きな様ににいただけます。わたし伺ったのはお昼の営業も終わりに近かったのですが、臆せずワゴンを運んで来て下さいました。

以前、某店へちょっと遅い時間に伺ったら、ダイジェスト版のように小皿にすこしずつ切ったデセールで説明されたことがあり、ちょっと残念だったのですがこちらはそのようなこともなく、とても嬉しかったです。



重厚なワゴンにのって運ばれてくると贅沢感も増しますよね。
わたしが選択したのは、モンブランとガトーショコラとアップルパイです。
ソムリエの方と話しすぎてソルベがとけてしまっていますが……。汗

デカダンな雰囲気と確かな味とキビキビとしたギャルソンの対応と、とても満足した時間でした。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる