日経平均267円の大幅高で9600円台回復

 5日の東京株式市場は寄り付きから急反発し一時は300円以上も上昇する場面もあり、日経平均株価は、前日比267.21円高の9625.99円で終了した。

 米国の金融緩和政策を受けて流動性相場が続くのではないか、との見方から、銀行、証券から輸出関連企業まで幅広く買いが入った。

 一方、りそなホールディングスは大規模な公募増資検討が報道され、大きく下げた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる