プーチン首相がまた体を張る。F1を運転、最高240キロ

 ロシアのプーチン首相が7日、サンクトペテルブルクのコースでルノーF1のマシンに自ら乗りこんで運転するパフォーマンスを見せた。

 ロシアは2014年に冬季五輪が行われるソチでF1を開催したい意向を表明したばかり。そのアピールを兼ねた試乗だ。

 リアノボスチによると、この日は黄色につなぎのレーシングスーツに身を包み、ヘルメットに国章の「双頭のワシ」を刻んでマシンへ。最高で時速240キロを記録するなど、ある意味で命がけのアピールとなった。

 しかも、路面は雨上がりなのか水滴を含んだ悪コンディションのため、車体がスリップする場面も見られた。しかし、すぐに態勢を整えて、再びスタートを切るなど、運動神経の良さをここでも見せていた。こと体を張ったアピールでは、世界の首脳陣の中でも右に出る者はいない。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる