上昇する〝浮気〟の慰謝料相場

 不貞・浮気・不倫の慰謝料請求は、婚約者や夫や妻、そして夫や妻の不倫相手に対して行うことができる。一般的には離婚の際に問題になると思われているが、離婚しなくても慰謝料の請求は可能。慰謝料の金額は法律で定められている訳ではなく、過去のデータや司法統計などをもとに算定される。どれだけの金額を請求するかは、それが認められるかどうか別にして、原則として非常識な額でなければ自由だ。

 過去の判例では、不貞を理由とした慰謝料は300万~400万円程度の事例が多かったが、最近では精神的苦痛についての金銭的評価が上昇傾向にある。相場は一律に決まっているものではなく、あくまでも浮気の頻度や経緯、相手の経済力や有責度により算出される。婚姻期間が長いほど金額が高くなる傾向があり、1000万円を超過するケースもざら。この場合、もちろん経済力の高い人ほど要注意だ。

 ある調査事務所は、以下のような宣伝文句を謳っている。「浮気慰謝料の支払いや、ご主人との交際禁止を和解契約書で約束し、浮気相手から謝罪の言葉を受け取ることができました。この一件が終わってからのご主人は、見違えるように家族サービスをするようになりました。当事務所としては決して、むやみに不倫の慰謝料請求を勧めるわけではありませんが、お子様を含め皆さんが幸せになるのであれば、精一杯の力になろうと思います」。興信所や探偵はもちろんその道のプロ。くれぐれもご覚悟の上で。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる