アジアレストラン番付、1位はシンガポールの「イギーズ」

 3年前に創刊された、アジアの一流レストランを網羅したガイドブック「ミーレガイド(The Miele Guide)」の2010/2011年版が発表され、アジアレストラン番付トップ20が発表された。

 1位はモダンヨーロピアン料理を提供するシンガポールの「イギーズ」。2位はモダンフレンチの巨匠、ジョエル・ロブション氏の香港のレストラン「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」だった。香港はトップ20に6店が入り、最多ランクインとなった。

 日本は56軒のレストランがエントリーし、エントリー数では最多だったが、トップ20に入ったのは9位のラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションのみだった。同店は昨年の20位から9位へと急上昇した。

 「ミーレ・ガイド」は2008年に創刊された、アジア初となる独自のレストランガイドブック。日本、中国、インドネシア、韓国、シンガポール、タイなど計18カ国450店舗をカバーしている。アジアのトップ20のレストランの年次ランキングのほか、2009/2010版からは各国のトップ5ランキングも発表している。

【Miele Guide 2010/2011 Top 20】
1位:イギーズ(Iggy’s)、シンガポール
2位:ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション(L’Atelier de Joel Robuchon)、香港(中国)
3位:ロブション・ア・ギャレラ(Robuchon a Galera)、マカオ(中国)
4位:ジャーン(Jaan)、シンガポール
5位:アントニオス(Antonio’s)、カビテ(フィリピン)
6位:モザイク(Mozaic)、バリ(インドネシア)
7位:ズマ(Zuma)、(香港、中国)
8位:Cilantro Restaurant & Wine Bar、クアラルンプール(マレーシア)
9位:ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション(L’Atelier de Joel Robuchon)、東京(日本)
10位:カプリス(Caprice)、香港(中国)
11位:レ・ザミ(Les Amis)、シンガポール
12位:ヨンキー(Yung Kee)、香港(中国)
13位:ギュンターズ・モダン・フレンチ・キュイジーヌ(Gunther’s Modern French Cuisine)、シンガポール
14位:ブカラ(Bukhara)、ニューデリー(インド)
15位:ティップリング・クラブ(Tippling Club)、シンガポール
16位:ノブ(Nobu)、香港(中国)
17位:ダンプクト(Dum Pukht)、ムンバイ(インド)
18位:クーデター(Ku De Ta)、バリ(インドネシア)
19位:ボー・イノベーション(Bo Innovation)、香港(中国)
20位:北京大蕫焼鴨店(Beijing Da Dong Roast Duck Restaurant)、北京(中国)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる