「TSUTAYA」のCCCが16億円の申告漏れ

 「TSUTAYA」などを展開する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」のグループ4社が、大阪国税局の税務調査を受け、平成21年3月期までの3年間で計約16億円の申告漏れを指摘されていたことが報道され、同社は9日、「大阪国税局による通常の税務調査を受け、税務当局と当社との間に見解の相違がありましたが、最終的には当局の指摘に基づいて修正申告を行ったものであります」とコメントを発表した。

 一部の報道では、うち約2000万円は悪質な仮装・隠蔽(いんぺい)を伴うとも指摘されたようだという。すでに重加算税を含め計約5億円を追徴課税され、修正申告し、納税も済ませている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる