盗まれたMacBookに100万ドルの懸賞金

 米人気プロデューサー/シンガーのライアン・レズリーさんが先月、滞在先のドイツでPCや現金などの盗難にあった事件で、盗難品に懸けられた賞金が2万ドルから100万ドル(約8200万円)へ引き上げられた。レズリーさん自身がTwitterとYouTubeで告知した。

 レズリーさんは10月23日、ヨーロッパツアーのためにドイツのケルンに滞在。クラブで開催されるパーティーに出席するため、メルセデスベンツS350に乗って会場に到着した。ところが、運転手が会場まで彼をエスコートしていた約20分の間に、無人になっていた車内が荒らされ、レズリーさんの所持品が入っていたバッグが盗まれたのだという。

 盗まれたバッグに入っていたのは、MacBook、レズリーさんのパスポート、1万ドルの現金、ハードディスクなど。レズリーさんは「そのMacBookの中には、この冬に制作・リリース予定の多くの音楽と映像プロジェクトが入っていました」と訴え、情報提供の協力を求めている。当初の懸賞金は2万ドルだったが、2週間経っても有力な情報が寄せられないため、100万ドルに賞金額を上げた。

 ライアン・レズリーさんは15歳の時にハーバード大学に入学し、19歳で卒業した天才プロデューサーとしても知られている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる