HSBCプレミア、営業総責任者に聞く

目的に応じて金融機関を選ぶ富裕層

 資産を持つ富裕層にとって今や、金融機関を合理的に選択するのが当たり前の時代になりました。サービス内容などに応じて、自分の目的に合うかどうかを見極めて、賢く銀行を使い分けるなどしています。

 そんな中、昨年1月に1000万円以上の金融資産を保有する個人を対象としたプレミアム・バンキングサービスであるHSBCプレミアが日本に進出し、東京・広尾、赤坂に支店がオープンしました。HSBCは富裕層にとってはおなじみの存在。すでに香港やシンガポールで口座を持っている人も多数います。この日本進出に合わせて、香港に口座を持つ富裕層や投資家が口座開設のために来店したそうです。

 HSBCプレミアの日本進出は、多くの富裕層や投資家が既存の金融機関にとどまらない多くの選択肢を求めているという象徴かもしれません。なぜ、富裕層や世界中の投資家たちに信頼されているのか? HSBCプレミアのサービスを提供する、HSBCグループ香港上海銀行個人金融サービス本部の山内智浩・営業本部長に聞きました。


HSBCプレミアセンター赤坂支店

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる