ロシアの「美人スパイ」は上司の大佐に売られた?

 今年6月に「美人スパイ」として世界中で報道されたアンナ・チャップマン元被告(28、anna chapman)らスパイ団が摘発された事件は、実はロシア情報機関の上司による裏切りだった、という疑惑をロシア紙コメルサントが報じた。

 名指して報道された大佐が、この海外諜報員たちの統括部門の長であったが、米国の諜報機関の仲介者ともなり、まさに利益相反関係にあったという。

 そのため、10人が米国当局によって摘発されたのだが、一網打尽にされたのは、米国諜報機関の内通者がロシア側にいたことが理由だとも言われてきた。現在、大佐は国外に逃亡している可能性があるという。

 また、米紙NYタイムズは、CIAにこの報道についてのコメントを求めたがノーコメントだった。


アンナ・チャップマン元被告

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる