首都圏の大学ブランド番付、トップは早稲田

 日経BPコンサルティングは12日、2010年8月に実施した「大学ブランド・イメージ調査 2010-2011」の結果を発表した。首都圏編の「大学ブランド偏差値」トップは、91.0ポイントを獲得した早稲田大学、2位は東京大学(89.6ポイント)、3位は慶応義塾大学(84.0ポイント)だった。

 各ブランドイメージ項目では、早稲田大学は「個性的である」「キャンパスに活気がある」「ロゴ、カラーなどが思い浮かぶ」などで1位を獲得し、大学の特徴や「らしさ」が他大学よりも広く浸透していることがわかった。東京大学は「教育機関としてのビジョンがある」「各界に多数の人材を輩出する」「研究施設が充実している」などで1位、慶応義塾大学は「就職状況が良い」「リーダーシップがある」などで1位だった。

 一方、近畿編のトップは93.0ポイントを獲得した京都大学、2位は大阪大学(81.7ポイント)、3位は同志社大学(73.1ポイント)だった。

 同調査は、「首都圏」「近畿」「北陸・東海」「中国・四国」「九州・沖縄・山口」の5地域359大学を対象に、同地域在住のビジネス・パーソンや中学生以上の子供のいる父母、また教育関連従事者の目線から調査したもの。大学の「認知度/認知経路」「採用意向度」「入学推薦度」や「子供の進学に対する意識」などのほか、大学や学生などに対する49項目に及ぶブランド・イメージで評価した。

【首都圏編 大学ブランド偏差値ランキング TOP10】
順位:大学名、大学ブランド偏差値
1位:早稲田大学、91.0
2位:東京大学、89.6
3位:慶應義塾大学、84.0
4位:上智大学、74.7
5位:一橋大学、72.0
6位:東京工業大学、71.8
7位:お茶の水女子大学、69.0
8位:明治大学、68.5
9位:青山学院大学、65.9
10位:国際基督教大学、64.5

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる