「ビバリーヒルズ高校白書」御殿が米史上最高額150億円で売りに

 米ロサンゼルス郊外の大豪邸が、1億5000万ドル(約150億円)で売りに出された、とAP通信が伝えた。ロスで最大の邸宅として知られ、価格も米国史上最高額という。

 現地メディアなどの報道によると、この豪邸は日本でもおなじみのTVドラマシリーズ「ビバリーヒルズ高校白書」などを手がけたプロデューサー、アーロン・スペリングさんが1991年に建設。1万9000平方メートルの広大な敷地で、フランスの白亜の城を思わせる風情で、邸宅だけで5200平方メートル、部屋は100室以上だという。しかし、部屋数が多すぎるために実際に数えたことがある人はいないのだという。

 スペリングさんは2006年に死亡。その後は夫人が住んでいたが、このたび、転居することになった。


故アーロン・スペリングさんの大豪邸。米不動産市場最高額

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる