[PR]CLASSYなライフスタイルを実現する武蔵小杉

7路線乗り入れを利用して流行の発信地へ


「リエトコート 武蔵小杉 THE CLASSY TOWER」外観
 渋谷、横浜、自由が丘、田園調布、代官山…。刺激に満ちていて、多くの人々が集うこれらの街へダイレクトにアクセスでき、相互乗り入れで7路線が利用可能なマルチアクセスが武蔵小杉の大きな特徴でもあり魅力です。

 この地にCLASSYな生活スタイルを求めて誕生したのが「リエトコート武蔵小杉 THE CLASSY TOWER」(住友商事株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社)です。地上45階からの眺望は東京・横浜のきらびやかな夜景はもちろんのこと、壮麗な富士山までも一望できます。

理想とは都市生活と自然環境


「リエトコート 武蔵小杉 THE CLASSY TOWER」外観
 CLASSYとは日本語で「上流の」「高級な」「上品な」を意味する英語。CLASSYと名付けられたこのタワーのある武蔵小杉は、アクティブかつ知的に都市生活を満喫しながら、緑あふれる豊かな自然環境を掌中に納める、本当の意味での「上流」を実現できる場所となることでしょう。

 それは住戸を探す人にとっては永遠の理想でもあります。流行と文化の発信拠点でもある渋谷(東急東横線利用で13分)と横浜(同)の両拠点を結ぶ、ちょうど中間地点。しかも、少し足を伸ばせば多摩川の水辺が潤いと癒やしの空間となる、便利な都市生活と自然の憩いを同時に享受できる再開発エリアとして注目を集めているのが武蔵小杉です。

日々新しくなる生活新都心


円形広場
 その「武蔵小杉」駅周辺での総開発面積は約37haにも及びます。それだけの広大なエリアに、住施設はもちろんのこと、商業施設、文化関連施設、医療施設などの多種多様な生活機能が集積する“生活新都心”として、日々進化を続けています。

 中でもリエトコート武蔵小杉 THE CLASSY TOWERがある「中丸子B地区」は、武蔵小杉再開発エリアの最南端に位置するため、採光性や眺望に優れた、快適な居住環境が備わっています。また、この地区では敷地全体に広々とした公開空地を確保し、様々な植栽に彩られた緑地帯を整備。歩行者が自由に通行できる緑豊かな遊歩道となっています。

安らぎと癒やしの場所、武蔵小杉


エントランスホール
 還る場所としての武蔵小杉。生活利便性に優れた都市空間はもちろんのこと、多摩川を中心とした自然の恵みを家族や大切な人と共有することによって、その絆はより一層深いものとなるでしょう。

 そして、リエトコート武蔵小杉 THE CLASSY TOWERは、こだわりの設計意匠に貫かれた45階建て超高層タワーです。青空にくっきりと浮かび上がる白を基調とした美しい外観デザイン。迎賓思想に満ち溢れたエントランスホールには、寛ぎのラウンジを設けるなど洗練されたデザインが展開されています。

あなたを待つCLASSYなライフスタイル


室内からの眺望
 東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅徒歩5分、JR南武線「武蔵小杉」駅徒歩8分。さらに徒歩2分の場所にJR横須賀線新駅「武蔵小杉」駅が開業予定。東京、品川のほかに、歴史情緒があふれる街・鎌倉へもダイレクトにアクセスすることが可能となります。

 休日の買い物やレジャー。お気に入りのレストランやカフェを探索。最先端の情報と上質な日常が、もはや当たり前のようになるでしょう。この街を拠点とした、CLASSYな生活があなたを待っています。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる