人気は「通貨選択型投信」、特にブラジル・レアル建て

 日本銀行「資金循環統計」によれば、2010年6月末の個人金融資産は、1445兆250億円となった(前期比0.8%減、前年同期比0.3%増)。

 また第2四半期の各金融資産への資金流入額は、三つの特徴がみられた。第一に定期性預金から4年ぶりに資金が純流出した。第二に市況が悪化する中で個人の逆張り投資の動きがみられ、上場株式へは資金流入超となった。第三に「通貨選択型投信」「REITファンド」「円債投信」が人気を集め、投資信託への資金流入額が第1四半期よりも一層増えた。

 野村資本市場研究所が作成した「投資信託の資金純増額ランキング」によると、投資信託への資金流入が続いており、通貨選択型投信とREITファンド、円債投信が人気。同研究所の分析によると、特に通貨選択型投信については、2010年4月以降、毎月3000億~4000億円の資金流入が続いている。その結果、純資産残高は8月末には5兆376億円と、追加型投信全体の1割強に達した。

 通貨選択型投信は、投資対象資産(外国債券等)での運用に、通貨間の金利差収入や為替差益の上乗せを狙うものであり、中でもブラジル・レアル建てや資源国通貨建てが人気。資金が流入している投信の共通点は、月単位で支払われる高い分配金だが、足下ではその分配金をさらに引き上げる動きもみられる。

 ◆投資信託の資金純増額ランキング(2010年7月)◆
1位 野村グローバル・ハイイールド債券投信 資源国通貨コース(毎月分配型)
2位 短期豪ドル債オープン(毎月分配型)
3位 三菱UFJ新興国債券ファンド通貨選択シリーズ ブラジルレアルコース(毎月分配型)
4位 野村米国ハイ・イールド債券投信 ブラジルレアルコース(毎月分配型)
5位 ブラジル・ボンド・オープン (毎月決済型)
6位 DIAM J-REITオープン (毎月決算)
7位 ラサール・グローバルREITファンド (毎月分配型)
8位 ニッセイ日本インカムオープン
9位 ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型)
10位 通貨選択型エマージング・ボンドファンド・ブラジルレアルコース(毎月分配)
 (出所:野村資本市場クォータリー 2010 Autumn)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる