英ウィリアム王子、故ダイアナ妃の婚約指輪をミドルトンさんに贈る

 婚約を発表した英国のウィリアム王子(28)とケイト・ミドルトンさん(28)が16日、そろって記者会見に臨み、ミドルトンさんに贈った婚約指輪がウィリアム王子の母・故ダイアナ元皇太子妃の婚約指輪であることを明らかにした。

 故ダイアナ元妃の婚約指輪は、12カラットの楕円形のブルーサファイアの周りを14個の小さなダイヤモンドで縁取った指輪。1981年のチャールズ皇太子との婚約時に2万8500ポンド(約377万円)で購入されたが、現在は25万ポンド(約3300万円)の価値があるとされる。

 ウィリアム王子とミドルトンさんは先月ケニアを旅行しており、その旅行中にプロポーズし、婚約指輪をミドルトンさんに渡したという。ウィリアム王子は母の指輪について、「私にとって、これは非常に特別なものです。ケイトは私にとって、今非常に特別な存在なので、その2つを一緒にするのは当然のことでした」と語った。

 2人は2011年の春か夏にロンドンで挙式予定で、日程など詳細については後日発表される。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる