バフェット氏の主要参謀の一人、トロット氏が退任し独立

 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏を担当してきた主要ディールメーカーの一人である、ゴールドマン・サックス・グループのバイロン・トロット氏が退社する、と3月31日付けのウォールストリートジャーナルが報じた。

 紙面によると、自らマーチャントバンキング会社を設立するのだという。バフェット氏を担当してきた主要ディールメーカーの1人で、同氏の投資会社バークシャー・ハザウェイはこの会社への出資を検討している、とも言われている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる