世界一弱気なヘッジファンドが年20%超のリターン

 ブルームバーグがこのたび、好成績を収めて注目されている欧州最大のヘッジファンド「ブレバン・ハワード・マスター・ファンド」の運営者アラン・ハワード氏のロングインタビューを行い、「アラン・ハワード氏は冒険しない男だ」として取り上げている。

 ハワード氏(45)は世界一弱気な投資家でもある。数年前に趣味のスキーもやめた上に、愛車ベンツの運転も運転手に任せているのだという。その理由は「非常に危険だからだ」というものだ。

 ハワード氏のこの性格はヘッジファンド運営に活かされた。同ファンドはヘッジファンド業界の平均運用成績がマイナス19%となった昨年で、プラス20.4%の好成績だったという。また今年に入ってからも、ハワード氏の好調な運用成績は続いているのだという。ハワード氏は、公の場に出てこないため今回のブルームバーグのロングインタビューは異例。しかし、写真撮影は拒否したのだという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる