湖とともに暮らすレイクフロント

多くの人を魅了するレイクフロント


今回分譲エリアより撮影した写真に合成し表現したもの で実際とは異なります。
 まばゆい太陽がホワイトダイヤモンドのように照らす湖面を見ながら、湖畔のコテージで優しく潤った風を感じて、優雅に寛ぎ、そして遊ぶ。そんな時間の過ごし方が海外の最上級を知り尽くす富裕層や旅行者たちの間では一つの定番ともなっています。

 例えば、ニュージーランドのクイーンズタウン。その由来は「ヴィクトリア女王にふさわしい街」と言われていますが、湖畔に面したこの街の美しさに魅せられるように、毎年多くの富裕層をはじめ、旅行者が訪れています。では、人々はなぜこうも湖に魅了されるのでしょうか? 世界の有名なリゾート地には水辺が多いのも事実です。

 湖とともに潤いに満ちた生活を送り、そして子供が自然と触れ合いながら育っていく。ライフスタイルも多種多様化している中で、そんな生活を東京近郊で送るという選択肢。それが「レイクタウン越谷」(UR都市機構)なのです。
※湖は総合治水対策の一環として計画されたもので、正式名称を「大相模調節池(おおさがみちょうせついけ)」といいます。

東京ドーム約50個がすっぽり入る越谷レイクタウンとは?


JR武蔵野線新駅「越谷レイクタウン」駅
 越谷レイクタウンとは、東京都心から約22キロ、埼玉県越谷市に位置し、地区面積225.6ヘクタール、東京ドーム約50個分にも相当する土地に誕生した街です。一周約5.7キロメートルの湖(大相模調節池)が街の中央に位置。そこから邸宅などが拡がり、この地に生活の舞台が誕生します。

 保育園のほか周辺には小、中学校などの教育施設、公共施設も整っています。昨秋には、日本最大級のショッピング施設「イオンレイクタウン」がオープンし、日々の買い物にも不便さを感じることはなく、ファミリーにとっても過ごしやすい環境と言えるでしょう。

 また交通も、JR武蔵野線新駅「越谷レイクタウン」駅が誕生したことによって、より利便性が向上。日中平常時の主要駅への所要時間は「大手町」駅へ34分、「東京」駅へ32分、「新宿」駅へ40分です。

湖に抱かれて暮らす


ディンギー(カヌーやディンギー等を湖水で使用する際には、 申請が必要)
 「親水文化創造都市」の形成を目指している越谷レイクタウンでは、カヌー、ディンギーを気軽に楽しむことができる環境と施設が整っており、直接、湖と触れ合う貴重な機会を持つことができます。まさに、レイクタウンならではのアクティブライフだと言えるでしょう。  

 また、湖の北西部には、湖の潤いを身近に感じることができるビオトープがあります。ビオトープとは、ドイツ語で生き物たちが共生しともに生活していく場所という意味です。水辺ということで水生の植物や水鳥をはじめ、多くの動植物を見かける機会が増えるかもしれません。

 日常の光景として水と触れ合い、楽しみながら、子供たちは育っていくことでしょう。このビオトープと、レイクサイドウォークに面する湖畔が面前の画地。平均200平方メートルの空間をあなた好みに自由に彩って、プレミアム空間を創造してみてはいかがでしょうか?

エコライフ先進都市


現地空撮/CG加工したもので実際とは異なります。
 環境省が掲げる「街区まるごとCO2、20%削減事業」に全国で初めて採択されたのが、この越谷レイクタウンなのです。これは再開発や新事業を行う地域で、自治体などがCO2の削減を目指す事業に環境省が補助する制度です。湖、緑地、公園などが、ヒートアイランド現象を抑制し、人と環境にともに優しい「環境共生」がなされている街です。

 また、越谷レイクタウン内では、一部の電線類は地中化されるなど、景観に十分配慮された開放感のある心地良さを感じるでしょう。他にも、駅から公園、道路まですべてをバリアフリー化。段差を押さえることで老若男女の行き来がしやすくなるなど、全ての人に優しい街を念頭に街づくりを進めています。住むほどに、この街の良さを実感することでしょう。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる