女医の育児休業取得は4割(日医)

 日本医師会は8日、女医の育児休業の取得率が4割にも満たないとする「女性医師の勤務環境の現況に関する調査」の結果を発表した。今村定臣・常任理事は「女性医師を支える保育、育児の支援が足りないというのが実感」とした。

 この調査は、女性医師の勤務実態を把握し勤務環境の改善を図ることを目的に行われ、全国の病院の女医を対象に7467人から有効回答を得た。
 
 出産・育児中の働き方について、産前・産後休暇(産前6週間、産後8週間)を取得した女医は79.1%。一方、取得しなかった人のうち、休暇が取りづらく、一時休職または退職した人は46.3%に上った。育児休業の取得率は39.2%だった。

 女医の勤務形態は79.1%が常勤、非常勤は19.1%、短時間正社員は1.8%。1か月の休日数は「4週8休」が44.5%で最も多く、「4週6休」(17.1%)がこれに続いた。だが、休日の消化状況は「時々返上」が33.7%、「ほとんど返上」が4.3%に上った。

 また、悩みは「家事と仕事の両立」が64.1%で最多だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる