モナコでカロリーヌ王女が「春の芸術祭」開催

 モナコ公国で来年3月18日から4月10日までの毎週末、カロリーヌ王女が主催するスプリングフェスティバル、第27回「春の芸術祭」が開催される。

 1984年から始まり、今回が27回目となる同フェスティバルは、2005年のレニエ大公の崩御の際は中止になったが、その意思はアルベール2世公とカロリーヌ公女に引き継がれ、今ではモナコの春の風物詩となっている。開催期間中は、モンテカルロ・フィルハーモニー・オーケストラのコンサートやモンテカルロ・バレエ団の公演、世界的なミュージシャンを招いてのコンサートなど、たくさんの催し物が開催される。

 2011年の芸術祭では、「フライングマン(空飛ぶ人)」をテーマに、トルコの伝統的な旋回舞踊、スーフィーダンスやフランス人作曲家ガブリエル・フォーレ、ドイツ人作曲家ロベルト・シューマンの名曲が演奏されるコンサートなどが開催され、著名なヨーロッパの交響楽団が公演を行なう予定。

【第27回「春の芸術祭」 プログラム】
3月18日:トルコ-至福の扉
3月19日:トルコの伝統的な旋回舞踊、スーフィーダンス
3月20日:ガブリエルフォールのポートレート
3月25日:続ガブリエルフォールのポートレート
3月26日:シューマンのポートレート
3月27日:ヴォヤージュ・シュープリーズ・ア・ニース
4月1日:グランド・オーケストラ
4月2日:ヴァイオリンの夕べ
4月3日:イベント/エキサイティング
4月8日:シューマン-室内楽
4月9日:シューマン-ピアノの夕べ
4月10日:シューマン-パイプオルガン
4月10日:シューマン-オーケストラ

公式HP: http://www.printempsdesarts.com/

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる