【速報】箱根駅伝往路は東洋大V

 東京箱根間往復大学駅伝の往路が2日スタートし、総合3連覇を目指す東洋大が往路優勝を果たした。往路Vも3年連続となる。

 優勝候補の早稲田大が引っ張る展開が続いたが、4区に入り、東洋大は早大との差を3分以内に縮めると、山登りの5区ではエースの柏原竜二選手(3年)が登場。早大、東海大を抜き去り、往路優勝を決めた。

 今年も注目が集まった5区。両雄の登場選手は対照的な2人。早大は一般入試で入学した猪俣英希選手(4年)、対して東洋は1年から常に注目を浴びてきた柏原選手。3分近いリードは東洋・柏原選手には通用しなかったものの、早大・猪俣選手は差を30秒以内に保っており、翌3日の復路での逆転Vは射程圏内にある。

 3位東海大、4位明治大、5位駒沢大と続いた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる