芥川賞作家・朝吹真理子氏と福沢諭吉が遠縁?

 小説家の朝吹真理子氏は、「きとこわ」で第144回芥川賞(平成22年度下半期)を受賞した。その華々しい系譜を遡ると、何と福沢諭吉にたどりつくという。

 朝吹氏の父は詩人の朝吹亮二氏、さらにさらに遡ると高祖父は実業家の朝吹英二氏。ネットサイトの「系図で見る近現代」によると、朝吹英二氏は三井財閥の重鎮で、福沢諭吉に見込まれ、その姪を妻にしたという。
 
 そこから現代にいたる「朝吹家」は多士済々で、衆議院議長、立憲政友会総裁、シャンソン歌手等々が名を連ねる。

 また、96歳で亡くなった美容家・ハリウッド化粧品代表のメイ牛山氏や、ノーベル化学賞を受賞した野依良治氏も親族関係にあたるという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる