タックスヘイブンへの送金を監視(独)

 ドイツの連立与党がタックスヘイブン(租税回避地)への送金を監視するなど規制を強化することで大筋合意した。

 日経新聞によると、不正な資金移転による徴税漏れを防ぐため、海外送金を徹底監視するほか、低税率国と取引のある企業・個人には内容を税務当局に詳細に報告するよう義務付ける方針だ。G20は先日の金融サミットで国際的な課税逃れの方向で一致しており、租税回避地への規制が具体的な実行段階に入る。

 ドイツの動きを受けて、タックスヘイブンを警戒する主要各国の政策にも影響を及ぼす可能性がある。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる