慶応大と関学大が75年ぶりラグビー対決 

 慶応大と関学大が5月10日に、近鉄花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で行われるラグビーの交流戦で昭和9年以来75年ぶりに対決することになった。

 慶応は創立150年、関学は創立120年を記念して開催が決定した。慶応は日本初のラグビー部で、関学も関西の古豪として知られる。切磋琢磨してきたものの、戦後は関学大の低迷により、交流の機会がなかったが、昨年は51年ぶりに関西学生王座に返り咲き、OBたちが働きかけ、今年実現することになった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる